我が家にはハリネズミがいます。実家にはシーズー犬がいます。今までハムスターやセキセイインコも飼ったことがあります。

32年生きてきて、ほぼ動物と暮らさなかった時期はないというほどに家族も含め動物が大好きです。

今回はペットとして人気をあげてきたハリネズミについて語らせていただきます。
「飼う」や「飼い主:などの表現はすきではないのですが、わかりやすくするためにそう表現させていただきたいと思います。

女性に人気なおしゃれで可愛いデザインから小回りが利く車まで種類が豊富で
新車がめちゃくちゃ安い!!
リーズナブルな価格が魅力的。気になる事は全て優しく回答してくれます。
新車を買うならこのお店がおすすめ★

ハリネズミカフェなどかメディアで取り上げられてからハリネズミのペットブームはきました。

しかしその裏ではテレビでは良いことしか伝えない情報を鵜呑みにし、なついてくれると勘違いしてかう飼う人も多く、実際なつかないと簡単に捨てたり人に譲ったりする人が多くなっているのも現状です。
譲る際も郵送で送る、なんてとんでもない話を聞いたこともあります。

ハリネズミがなついてくれることはほんの一部で基本的には警戒心の高い生き物です。
そしてなついてくれるというよりも「慣れる」という感覚に近いのです。

しかしハリネズミは基本的には「観賞用」と言われているので慣れさせることすらも私は虐待の1つだと考えています。

いくら観賞用といえど触れてみたくなるのも当然わかりますが、それがハリネズミ自体のストレスになり、寿命を短くしていると思ったらどう思うだろうか。

何事も適度な距離感は必要でハリネズミだって好きで人間のもとにきた訳ではない。
どうせならハリネズミにとっても快適に暮らしてほしいと各々の飼い主には意識してほしいと私は思っています。
勿論ハリネズミに限らず、どんなペットを飼っている方にとってもです。

捨てないことは当たり前です。
いくら愛していても過度な愛情表現を嫌がる個体がいることも念頭においてほしいです。